賃貸物件の良い交渉術

賃貸決めの際の交渉の事

トップ / 賃貸決めの際の交渉の事

賃貸物件選びと上手な条件交渉

家を探すときは、立地や広さ・間取り、そして家賃の金額という順番、買い物と同じでまずは気になるものを手に取って、値段を確かめる方法が後悔しない賃貸物件選びの方法です。もし家賃の値段が希望の条件よりも高い時や、気に入ったけどもう一つ決め手の一押しがほしい時に、値引などの条件交渉をすることは問題がありません。それに対して家主さんが承諾しても契約するか、条件を拒んで断るかは家主さん次第です。 お店で売っているものには値段がありますが、賃貸物件の家賃は同じものが二つとないため、決まった値段もありません。

賃貸探しの際の交渉について

賃貸物件の家主は適正と思っている家賃を表示しているのですから、やみくもに値下げを求めても失礼です。 家主と入居者の関係はずっと続きます。 値引を求めるときも、”気に入ったのだけど、予算がにいくら足りないけど何とかならないか”など、具体的な希望金額や、それを適正と思う理由を伝えると、家主の方でも真摯な対応が期待できます。 また、毎月の家賃の値下げを求めるよりも、賃貸物件の住宅設備を備え着けてもらう交渉は、最初の一度限りだし、購入した住宅設備自体は家主の所有物なので、承諾されやすくなります。

不動産登記に関する情報