不動産売却のコツ

損のない不動産取引とは

トップ / 損のない不動産取引とは

不動産の売却で損をしないために

不動産を売りに出すとき、悩むのが売り出し価格です。売る側としてはできるだけ高く売りたいですし、買う側は安く買いたいものです。仲介業者と相談して、価格を決めることが多いでしょう。市場価格とかけ離れていては問い合わせも来ませんし、安すぎては早く売れるかもしれませんが、損になることもあります。賃貸不動産の場合は、大抵値下げ交渉が入ります。どの程度ならお買い得と感じるのか、その交渉でわかります。早く売りたい気持ちを抑えて、じっくり取り組むのがコツです。売却をあせっていると思われると、足元を見られて思うような値段で売れないからです。

買い取り

一棟アパートを売却する

不動産投資で運営していた一棟アパートを売るとします。売りたくてもなかなか買主が現れないことがあります。そんなときは、価格が高いか、仲介している業者が情報を発していない可能性があります。複数の業者に依頼したり、業者を変えたりして、物件の露出を高めることも必要です。それでも、問い合わせすら入らないときは、不動産価格が高すぎる可能性があります。急いで値下げを何回もすると、足元を見られてさらに下げるように要求されます。売る側としては、なるべく高く売るためには、売却を決めてからも物件の価値を高める努力が必要です。

不動産登記に関する情報