不動産を高く売るには

高く売れる不動産の条件

トップ / 高く売れる不動産の条件

不動産の売却を考えてませんか?

不動産業者が潰れたり、新しく出来たり。古い工場が潰れる不況時代、土地が手に入れ安くなってます。今、住んでる家を売って、マンションでも買おうかな?と年をとると、階段のないマンションを考えます。さて、では今の家がどれくらい価値があるのでしょうか。築年数がたつと建物の価値は無いものと考えていいでしょう。売却の際には土地の価値で評価額が決まると思っていいでしょう。不動産の価値ってそんなものです。駅からの距離、近所の店や銀行などの利便性。また、日当たりもポイントで、同じ家が並んでいても、端のほうが銀行さんの懐も甘くなり高評価です。もし、近いうちにコンビニができる情報などがあれば、できてから売る方がいいですね。

買い取り

事務所用地を売却するには

土地の値段である地価には、評価額というものがあります。よって、土地という不動産を売ろうとする場合には、その時々の地価の推移というものを十分に考慮して行う必要があるわけです。もしも、この地価の推移に無頓着であれば、地価の下落している時期に売却を行ってしまい、相手に安値で買われてしまって得ることのできる収益も入らないことになってしまう、という結果になってしまうからです。このように、土地という不動産を売ろうとする場合には、その地価の推移に日頃から目を配っておき、できるだけ高値になった頃を見計らって売る、といった手立てが必要となるのです。

不動産登記に関する情報