不動産の売却価格設定

不動産の売却時の諸経費

トップ / 不動産の売却時の諸経費

不動産売却時の取得費と必要経費

不動産を売った場合には、その売却金額から取得費などを差し引いて計算したものが所得になるわけです。この取得費には、売った土地や建物の取得に要した費用や、その後の維持・保守のための費用などの他に、その土地・建物の購入時に収めた登録免許税や登記費用、不動産取得税、特別土地保有税、印紙税などの税金、借主がいた土地や建物を購入した際には、その立ち退きのために支払った立退料、また土地の土盛りや地ならしのために支払った造成費用、といったものも含まれます。しかし、こうした取得費には、事業所得などの必要経費に参入されたものは含まれないのです。

買い取り

土地を売却するには経費が必要

不動産や土地を売却するには経費が必要になります。最も高い経費は手数料です。業者に支払う手数料をいかに少なくするかがポイントになります。また税金対策も必要になると思います。必要経費が増えると、それだけ利益が少なくなります。自分でできるところは自分でやったほうが良いです。なるべく手数料が安い業者を選びましょう。最初にやるべきことは物件の査定だと思います。査定をしないと、持っている不動産の価値がわかりません。価格は自分で決めたほうが納得いきます。価格を表示しないと、業者が決めてしまいます。希望する価格になるとは限りません。

不動産登記に関する情報