不動産の登記について

不動産の購入時の手続き

トップ

不動産を購入する際の登記費用

家を建てることになり、いろいろと今勉強しております。土地、建物は不動産の取得ということになり、この取得には登記という手続きが必要となります。この登記費用、司法書士の先生に頼むのですが、以外と金額に差が出るとのことでびっくりしました。私は土地は銀行の紹介で、所有権移転登記しましたが、22万円程度かかりました。もう少ししたら引き渡しなので、建物は知り合いの先生にお友達価格でお願いすることにしました。不動産の売却の場合はその逆ですよね。これもほかの方に所有権が移転するわけです。やっぱりこのくらいの金額がきっとかかるでしょう。

買い取り

土地売却時にかかる登記費用とは

不動産売却時に売主側が負担する登録費用を登録免許税といいます。売主が所有する土地を売る時に必要となる登記に対してかかる費用です。保存登記は固定資産評価額に影響してきます。固定資産評価額を基本として、決められた計算式を使い、金額を導き出します。登録登記と抵当権抹消登記は、不動産の個数に対して規定料金の手数料がかかります。売る土地の所有者名義と、売る人物が同じ場合には、保存登記の必要はありません。また、親から相続した土地を売りたい場合、親の名義のままでは売る事ができないので相続登記が必要になってきます。司法書士に依頼した場合には報酬料金かかります。

不動産登記に関する情報

新着情報